講座選びのポイント

公務員試験の通信講座を選ぶ際には、通信講座の弱点といえるような部分をカバーしてくれている学校なのか調べることが、失敗しないためのポイントです。通信講座は一人で学習を進めていくことになるため、不明点を質問できる人がいないということが、心配な点としてあげることができます。また、通信講座はお金がかかってしまうということが、もう一つの不安要素といえるでしょう。

これら二つの問題に関してですが、公務員試験の通信講座を用意しているところでは、質問を受け付けていることが多いです。大手はほぼやっていますが、注目したいのは質問の回数、費用に関するところです。学校によっては、○回までの質問は無料、○回から1回○円というしくみになっていることがありますし、質問は無料で受け付けているけれど、○回までと制限が設けられていることがあります。もちろん、回数無制限、料金無料のところもあります。

次にお金の問題ですが、安い部類に入る企業の経験者採用試験対策の通信講座は税別60,000円です。ほかの企業の通信講座では100,000円以上の場合もあります。万単位のお金がかかるということで、一括払いが難しい人はローンを扱っているところを候補にするか、お金を貯めたあとに申し込む必要があります。

参照<公務員講座(国家総合職・国家一般職・地方上級)|社会人講座|資格の大原
公務員試験の通学講座・通信講座両方を用意している専門学校のサイトです。

Published by 管理者